アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年10月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

価値

ホームページから情報を収集

「一戸建てを売りたいけど、価値が解らない」という場合に、不動産鑑定に依頼することができます。
ですが、不動産鑑定自体解らない方も多いと言われています。
そのような場合でも、インターネットの不動産鑑定情報なら詳しく調べることができます。

多くの不動産鑑定の会社はホームページを所有しています。
ホームページには、不動産鑑定事務所の基本的な情報の他にも、無料相談フォームや、依頼の順序、鑑定費用など利用する上で、便利な情報を多く扱っています。
不動産についての知識や、不動産の評価の仕方など、知っておくとためになる情報が載っています。
不動産鑑定で失敗しないためにも、ホームページで知識を身につけておく必要があります。

鑑定の相談

最近では、不動産の簡易鑑定があるため、比較的安価でできるようになりました。
お金がかかるイメージがある、不動産鑑定でも気軽に行うことができます。
ですが、「所有している一戸建ての価値を知りたいけど、どのように評価してもらえばいいのか解らないという方もいる」と言われています。
そのような場合には、不動産鑑定のサイトの相談フォームで問い合わせることができます。

不動産鑑定士の情報を多く扱っているのが、インターネットのサイトです。
不動産鑑定について詳しい説明があるので、鑑定を行う前に予備知識を身につけることができます。
大抵の不動産鑑定のサイトは、相談フォームを構えているため、気軽に相談することができます。
相談フォームを利用しての、お問い合わせは無料で行っているため、金銭的な負担もなくなります。
「不動産を鑑定してもらいたいけど、費用が高くて依頼しにくい」という場合にも、気負いなく相談することができます。

2つの鑑定方法

不動産鑑定には、不動産鑑定評価と簡易鑑定というものがあります。
この2つの違いについて言及していきます。

不動産鑑定評価書は、公的な権利を持つ評価書です。
税部署などの公的機関や、裁判所などで書類を提出するときに必要になものです。
書類に絶対的な信用があるため、公表するときに使われています。

簡易鑑定では、不動産調査報告書という書類が作られます。
この簡易鑑定は、自分や家族などの個人で、不動産の価値が知りたい場合に活用できます。
会社で鑑定を依頼するときにも、公表したり、正式に提出することがない場合は、この簡易鑑定を利用することができます。
「一戸建ての価値を知りたいけど、公にする必要がないから、自分たちで解かれば良い」と場合に、簡易鑑定は有効です。

どちらの鑑定を行ってもらえばいいのかわからない方は、不動産鑑定士に相談すると良いと言われています。

鑑定費用について

一戸建てを手放したいとき、不動産がどのくらいの価値があるのか、鑑定してもらう必要があります。
そのようなときに、不動産鑑定士に依頼を行います。
不動産鑑定には鑑定費用の基準が存在します。
不動産の価値によって、鑑定費用が変わってくることもあるので、知識を身につけていく必要があります。

あくまで目安ですが、不動産の鑑定の金額は30万~50万円と言われています。
不動産鑑定の費用は、不動産の種類などによっても金額が変わってきます。
評価された不動産の値段が高い場合には、不動産鑑定の費用も高くなります。
不動産を評価するということは、ものすごく責任が重いことを指します。
鑑定の評価が間違っていた場合には、損害賠償請求をされることもあるので、責務が重たい分、鑑定費用も高くなります。

不動産を鑑定する際に、鑑定費用が高くなることもあります。
鑑定する不動産の種類によって、評価が難しく、鑑定士の作業量が多くなるため、鑑定費用が上がります。

このように、不動産鑑定の鑑定費用は特殊なやり方で計算されています。
損をしないためにも、鑑定をする前に調べておく必要があります。